たこ焼の壺一について

1990年初期より、屋号「たこ焼の壺一」として、大阪八尾市の百貨店での常設店舗展開をしたことが起源であります。
同時期に、大阪の食文化を広げる団体である「浪花うまいもの会(大阪銘店の会)」に所属し、全国有名百貨店での催事販売(実演)を展開すると各地のお客様より大盛況を頂戴しました。
この、活動の中で、「お店にご来店できないお客様に楽しんでいただく方法はないのか?」との想いより、1993年より冷凍の開発に着手しました。

1994年に完成した「冷凍たこ焼」を大阪の玄関口である伊丹空港で土産品として販売を開始しました。
時代の流れと共に、現在の店舗展開はしておりませんが、約30年の歳月を経ても、当時と変わらぬ想いと味への追求心を念頭において活動することで、壺一ブランドとして多くの関西土産店で販売をしております。

職人の焼き方

冷凍して解凍すると、べちゃっとして美味しさが半減してしまうたこ焼き。
なんとか、「冷凍であってもてレンジで調理した時に、焼きたてと変わらぬ味を・・・」との想いにより、冷凍でも美味しい焼き方を追求して開発した自慢の一品です。

商品ラインナップ

MURAN ONLINE STORE